金光教祖御理解 21~30

■ 理3・金光教祖御理解・21

信心せよ。信心とは、わが心が神に向かうのを信心というのじゃ。神徳の中におっても、氏子に信なければおかげはなし。
(2)カンテラに油いっぱいあっても、芯がなければ火がともらず。火がともらねば夜は闇なり。信心なければ世界が闇なり。

■ 理3・金光教祖御理解・22

天地金乃神といえば、天地一目に見ておるぞ。神は平等におかげを授けるが、受け物が悪ければおかげが漏るぞ。(2)神の徳を十分に受けようと思えば、ままよという心を出さねばおかげは受けられぬ。ままよとは死んでもままよのことぞ。

■ 理3・金光教祖御理解・23

氏子が神と仲ようする信心ぞ。神を恐れるようにすると信心にならぬ。神に近寄るようにせよ。

■ 理3・金光教祖御理解・24

人に誘われて、しょうことなしの信心は、つけ焼き刃の信心じゃ。つけ焼き刃の信心は取れやすいぞ。どうぞ、その身から打ちこんでの真の信心をせよ。
(2)世に勢信心ということを言うが、一人で持ちあがらぬ石でも、大勢かけ声で一度に力をそろえれば持ちあがる。ばらばらでは持ちあがらぬぞ。家内中、勢をそろえた信心をせよ。

■ 理3・金光教祖御理解・25

信心は大きな信心がよい。迷い信心ではいかぬ。一心と定めい。

■ 理3・金光教祖御理解・26

信心に連れはいらぬ。ひとり信心せよ。信心に連れがいれば、死ぬるにも連れがいろうが。みな、逃げておるぞ。(2)日に日に生きるが信心なり。

■ 理3・金光教祖御理解・27

昔から、あの人は正直者じゃ、神仏のような人じゃという者でも、だんだん不幸なことが重なって、世間では、どういうものであろうというようなことがあろうが。(2)なにほど、人に悪いことをせぬ正直者でも、人がよいのと神に信心しておかげを受けるのとは別物ぞ。

■ 理3・金光教祖御理解・28

病人や代々難儀の続く人が神のおかげを受けるのは、井戸がえをするに、八、九分かえて、退屈してやめれば、掃除はできぬ、それで、やはり水は濁っておるようなもので、信心も途中でやめれば病気災難の根は切れぬ。(2)井戸は清水になるまで、病気災難は根の切れるまで、一心に、まめで繁盛するよう元気な心で信心せよ。

■ 理3・金光教祖御理解・29

桜の花の信心より、梅の花の信心をせよ。桜の花は早う散る。梅の花は苦労しておるから長う散らぬ。

■ 理3・金光教祖御理解・30

神を信ずる者は多いが、神に信ぜられる者が少ない。

関連記事

  1. 神訓・1

  2. 神訓・2

  3. 金光教祖御理解 51~60

  1. りょうまラジオLIVE配信(2021/8/11)

    2021.08.11

  2. LINEスタンプ2021年7月実績

    2021.08.05

  3. 若松りょうまのたいしたもんや~!LIVE開始

    2021.07.14

  4. ヤフーニュースで巫女さんスクールが紹介されました!!(桃山教会・…

    2021.06.27

  5. 『アイツとあの娘が強運なワケ』が出版されました!!

    2021.06.23

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

今月のイベント

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ