映画パラサイト

きょうは映画館に行きました。

東野圭吾『白夜行』のほうが上手かったです。いかにして寄生するかという点なら。

格差社会はある意味公平ですよねー

ブルジョワ階級が労働者の対価を搾取するような描写は、この映画には一切ありませんでしたし。

富裕層への道には、それ相応の努力や才が必然と信じたいもの。ズルしたら、度を越さなくても落とされます。

富を得るという夢を抱くのは、上を向いて歩きたい人にはよいですね。

でも結局は、上ではなく前を向いて歩くしかないのが、人生なのではないでしょうか。

ラストシーンからは、つくづくそう思わされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

終末期のケア