金光教祖御理解・4

此方金光大神あって、天地金乃神のおかげを受けられるようになった。此方金光大神あって、神は世に出たのである。神からも氏子からも両方からの恩人は、此方金光大神である。(2)金光大神の言うことにそむかぬよう、よく守って信心せよ。まさかの折には、天地金乃神と言うにおよばぬ。金光大神、助けてくれと言えば、おかげを授けてやる。

関連記事

  1. 金光教祖御理解・23

  2. 金光教祖御理解・89

  3. 金光教祖御理解・66

カテゴリー別