此方金光大神あって、天地金乃神のおかげを受けられるようになった。此方金光大神あって、神は世に出たのである。神からも氏子からも両方からの恩人は、此方金光大神である。金光大神の言うことにそむかぬよう、よく守って信心せよ。まさかの折には、天地金乃神と言うにおよばぬ。金光大神、助けてくれと言えば、おかげを授けてやる。

理3・金光教祖御理解・4

  • コメント: 0

関連記事

  1. 信心は大きな信心がよい。迷い信心ではいかぬ。一心と定めい。

  2. 日にちさえたてば世間が広うなってゆく。ひそかにして信心はせよ。

  3. これまで、神がものを言うて聞かせることはあるまい。どこへ参っても、方便で願い捨てであろうが。それでも、一心を立てればわが心に神がござるから、おかげになるのじゃ。生きた神を信心せよ。天も地も昔から死んだことなし。此方が祈るところは、天地金乃神と一心なり。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 今、天地の開ける音を聞いて、目を覚ませ。

    2022.02.07

  2. 先の世までも持ってゆかれ、子孫までも残るものは神徳じゃ。神徳は…

    2022.02.07

  3. 天地金乃神と申すことは、天地の間に氏子おっておかげを知らず、神…

    2022.02.07

  4. 此方金光大神あって、天地金乃神のおかげを受けられるようになった…

    2022.02.07

  5. これまで、神がものを言うて聞かせることはあるまい。どこへ参って…

    2022.02.07

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

今月のイベント

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ