先の世までも持ってゆかれ、子孫までも残るものは神徳じゃ。神徳は、信心すればだれでも受けることができる。みてる(尽きる)ということがない。

理3・金光教祖御理解・2

  • コメント: 0

関連記事

  1. 天地金乃神は昔からある神ぞ。途中からできた神でなし。天地ははやることなし。はやることなければ終わりもなし。天地日月の心になること肝要なり。信心はせんでもおかげはやってある。

  2. 人間は万物の霊長であるから、万物を見て道理に合う信心をせねばならぬ。

  3. 一粒万倍といおうが。一人がおかげを受けたので千人も万人もおかげを受けるようになるから、よい手本になるような信心をせよ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 今、天地の開ける音を聞いて、目を覚ませ。

    2022.02.07

  2. 先の世までも持ってゆかれ、子孫までも残るものは神徳じゃ。神徳は…

    2022.02.07

  3. 天地金乃神と申すことは、天地の間に氏子おっておかげを知らず、神…

    2022.02.07

  4. 此方金光大神あって、天地金乃神のおかげを受けられるようになった…

    2022.02.07

  5. これまで、神がものを言うて聞かせることはあるまい。どこへ参って…

    2022.02.07

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

今月のイベント

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ